考えの調理場

不登校から教員免許取得。【反復性うつ病性障害&強迫性障害】女の、考えの調理場。

絵を描く日常[課さない努力]と[楽しみ]の折衷

お絵描き脳の 小柏まき です。 近頃はすっかり文章を書く意欲が湧かなくなってしまいました。 それどころか、言葉が、単語も出てきづらく、自分で思ったことも忘れてしまうことが多いような気がします。うつ病性の健忘症というヤツでしょうか。 今やテレビの…

母の髪を切る新しい日常

文章を書く意欲があまりない日々を送って久しい 小柏まき です。 文章を書くときに使う脳と、絵を描くときに使う脳は、きっと部位が違うのだろうと、そして今は絵を描くときに使う脳が働きやすい時期にあるのだと解釈しています。 新型コロナ感染拡大防止の…

不登校でも生きてて

小学4年の途中から、中学校卒業まで不登校だった 小柏まき です。 テレビの情報番組で、「夏休み明けは生徒の自殺率件数が増える」「不登校の生徒が、コロナ禍の夏休み短縮などの影響で尚更学校に行きづらくなる」という内容を扱っていました。 元々そのテ…

会食・対人恐怖との共生【SAD】

外出するとほとんどの場合、具合が悪くなる 小柏まき です。 うつ病を繰り返し、強迫性障害に悩まされるほかに、というべきか、それらがそれぞれに関係しつつ厄介な状態にある中に含まれているというべきかわかりませんが、社交不安障害は私にとって大きな要…

セーラームーンチャレンジやってみて

トレンドに乗り遅れても、その場ごとの楽しみ方をしていきたい 小柏まき です。 今年の5月頃だったでしょうか、「#セーラームーンチャレンジ」のタグが日本で流行しました。もともとはもう少し前から「#sailormoonReDraw」というタグで外国を中心にSNSで流…

ご時世の絵を描いた~アマビエ編~

たまに絵を描く 小柏まき です。 【疫病退散】の力を持つとされる妖怪『アマビエ』の絵を、新型コロナウイルスが蔓延する中で、よく目にするようになりました。 ja.wikipedia.org 半分人間で半分魚のような見た目の妖怪とされていて、疫病が流行した際には己…

【体験】自己受容~希死念慮と向き合い自己肯定感を高める過程~

社交不安障害と診断されて1年が経った、うつ病の 小柏まき です。 1年経つのに見つからない 診断されて数カ月の間は、一生リハビリをしていくしかないという事実に気持ちが沈んでいました。人生をどういうスタンスで生きればいいかわからないまま、1年が…

儀式を必要とする人間【強迫】

不安障害の 小柏まき です。 強迫性障害や社交不安障害、高所恐怖症や、パニック障害も、不安障害という大枠に分類されるそうです。 私は強迫性障害と社交不安障害に主に悩まされていますが、今回は強迫性障害の儀式行為と、高所恐怖症に触れていきます。 近…

【比喩】お粥が飲み込めない苦しさ【精神疾患】

少し前の私には、食べようとした物が喉に詰まって苦しかったり、多くの人が摂っている栄養が摂れなかったり……というような感覚が強くありました。苦しくて悲しくて、何時間も泣いて過ごしたりしていました。 ここでは考えを調理していくために、情報を栄養に…

【うつ病】依頼絵にチャレンジ

趣味でときどき絵を描き、Twitterにイラストを投稿したりする、 小柏まき です。 Twitterでフォローさせてもらっている うつ病ブロガー たぐさんのツイートを見たことが、今回の行動のきっかけでした。 それは、ブログで使うプロフィール用のイラストの描き…

ミニマリストにも薦めたい『ほしい物リスト』

Amazonのほしい物リストを作った翌日に何かが届いた 小柏まき です。 気候の影響で鬱傾向が強いのかわかりませんが、うつ病の症状である希死念慮をどうやり過ごすか考えて、なんとなくAmazonを見ていました。 ……いや、「なんとなく」というのは、嘘です。本…

【うつ病年越し】2020年の始まり

ぬるっと年越しをして、パソコンが壊れた 小柏まき です。 パソコンは、前触れなく起動しなくなるという壊れ方をしたので、やむなくデータ復旧に出し、データは復旧されたものの出費が嵩み、修理するのか買い替えるのか保留の日々を送っています。バックアッ…

家族の無理解

先日、今年最後のメンタルクリニックに行って来た 小柏まき です。 私が治療にあたっている診断名は3つです。 反復性うつ病性障害、強迫性障害、社交不安障害です。 目次 通院前日 母の申し出 父との対話 通院日 主治医の言葉 気持ちの整理 通院後の帰宅 通…

洗脳の方法~宗教もブラック企業も~

新卒で就職したところが老舗ブラック企業だった 小柏まき です。 前回記事に引き続き、今回も人の心の働きについてです。 今回は入社したブラック企業の新人教育方法に触れつつ、巷で応用されているであろう洗脳方法を具体的に見ていきます。 目次 洗脳の手…

報酬に見合わない労働には遣り甲斐を見出して納得する心理

今年の中旬から気分が落ち込み気味で、今もなかなか消化できないでいる要因のひとつに関わる、材料を記しておこうと思います。 学生時代に先生から聞いた話です。 ──────────────────── ある大学で、心理学の実験をしたそうです。 実験者の教授だか准教授だ…

LINEカスタムスタンプを自作しました

おもしろバグとリジェクト初体験に見舞われた 小柏まき です。 8月に作ったLINEスタンプの続編を作りたいと思って、絵をコツコツと描いていました。 そんな時、LINEクリエイターズマーケットで『カスタムスタンプ コンテスト』の告知を見ました。今までは一…

公民館展示会で押し花体験

11月といえば、文化祭シーズンですね。 昨日は母と一緒に公民館の展示会を見に行ってきた 小柏まき です。 本当は土曜日に行く約束をしていたのですが、体調が優れないので予定を順延しました。 目当ては家族の出品作でしたが、こぢんまりした会場とはいえ、…

【断捨離】うちの捨て魔は気まぐれ【片付け】

たまには感情に任せて書いていきたいと思った 小柏まき です。 これは常々私を悩ませるモヤモヤとした恐怖です。 私の母親は、年がら年中「片付け」をしたがっている人です。 この片付けは、いつも同じモチベーションや行動力のものではありません。気まぐれ…

適切な状態や表現に近づく過程

振り子は、一方に大きく振れた後、逆方向にまた大きく振れ、そのあとは振れ幅を小さくしながら落ち着くべき位置を探っていく。そういうものだと、思っています。 これは、「詰め込み教育」と「ゆとり教育」の繰り返しなどに言えることです。 双極性障害(躁鬱…

「心の病」は“精神科”でドコを治療するのか?誤解されやすさをなくしたい

うつ病・社交不安障害・強迫性障害の 小柏まき です。 「心の病気」「こころの病」「ココロの風邪」 これら、うつ病やその他の精神疾患を指す言葉として使われる表現に、違和感があるのは、今に始まったことではありませんでした。 心は身体のどこに在って、…

絵のモデルは誰でしょう?⑥

かろうじて月に一度は更新していた企画も、今回で最後にしようと思います。 描き続けていれば少しずつでも上手くなるかな? と、描いていた物ですが、描きたい絵が他に出てきたので、このチャレンジは一旦ここまでで納得することにしました。 正直なところ、…

「芸術とは」再考

芸術の秋です。今年の夏は、『ウィーン・モダン クリムト、シーレ世紀末への道』という企画展を見に行った 小柏まき です。 昨年10月に読書感想と交えて『己の定義する芸術とは』というテーマでブログを書きました。今になって読み返してみると、現在の私の…

【実話】報道は心無い人にも伝わる【胸糞】

メンタリストDaiGoさんが、先日YouTubeに投稿していた動画を観ました。 京アニの事件の被害者の実名報道について、批判していたものです。 メンタリストDaiGoといえば、一時期は「メンタリスト」という言葉を世に定着させるくらいに見聞きした人物です。「見…

絵のモデルは誰でしょう?⑤

誰かの影を追って、その人に近付きたい気持ちから、何かをやっている気がする 小柏まき です。 何度描いても上手くいかずに、4度目にしてやっと少し納得できるまでになりました。 下の【】に白い文字で、正解があります。

ハードモードとイージーモード・うつ病治療と社交不安障害

うつ病を治すには、認知の歪みを直す必要がある場合があります。 個人的に、うつ病を治すために受け取り方や考えグセを変えようと、気長で少しずつの訓練をしてきたつもりです。 うつ病になる人は、完璧主義で真面目な人が多いと言われています。 これの厄介…

【販売開始‼︎】スマホ歴1年未満でLINEスタンプを作れました

申請から24時間かからずに、LINEスタンプの審査を通過して動揺した 小柏まき です。 LINEクリエイターズ スタンプというサービスが開始した頃には、申請が相次いで、審査結果が知らされるまでに数ヶ月〜半年ほどかかっていたそうですが、近頃は5日くらいで…

スマホ歴1年未満でLINEスタンプを作ろうと試みています

「しっくりくるLINEスタンプを使いたいから、自作しようかな!」 という動機で、スタンプを作り始めた 小柏まき です。 Twitterで「LINEスタンプ作りました」っていう人を見ることがあるし、きっと私のような時代に取り残されている人間にもスタンプ製作がで…

【暗】社交不安障害の人生をどうやって生きればいいのか

社交不安障害と診断されて、3ヵ月が過ぎた今日この頃。 気持ちの整理がつかないままの 小柏まき です。 診断されたらスッキリするんじゃないかと考えていたのですが、実際に診断されてみると腑に落ちる部分はあったものの、自分が “幼い頃から障害を抱えて…

絵のモデルは誰でしょう?④

小さなきっかけから絵に興味が向くと、連日絵を描く 小柏まき です。 SNSや通信アプリで使っているアイコンに飽きて、「せっかく変えるなら自分で描いてみようかな」と描き始めたら、スイッチが入ってしまいました。 こちらは少し前に、有名人の画像を見なが…

マイノリティが形成する社会もまたマイノリティを生む

社交不安障害、強迫性障害、反復性うつ病性障害の 小柏まき です。 私は今、同じように精神疾患を抱えていたり、マイノリティに属している人と、SNSで関わりを持つことができる環境に恵まれています。 しかしながら、同じカテゴリーに属していても、人は誰も…