考えの調理場

不登校から教員免許取得。【反復性うつ病性障害&強迫体験】女の、考えの調理場。

【反復性うつ病性障害】と【強迫体験】

うつ病を患っています、小柏まき です。

 

【反復性うつ病性障害】と、診断書にはあります。

頭痛鉛様麻痺(身体の怠さ)、肩凝り、意欲・決断力・記憶力の低下、気分の落ち込み、希死念慮自傷行為、などの症状があります。

 

頭痛に関しては、元々片頭痛持ちなせいもあり、原因の特定はまず無理なので対症療法です。うつ病になってからの頭痛とは、朝酷い頭痛がする夢を見て、痛みが実際のものだと気付いて「頭痛い……」と言いながら目を覚まし、頭痛薬が効いている時間しか痛みから離れられないというものです。

 

鉛様麻痺は、以前の『小学校・中学校 不登校体験談①』に記したような、起き上がれないほどの怠さのことをいう呼び名らしいです。私の感覚としては、「この怠さはインフルエンザに罹ったかな……でも高熱独特の浮遊感がない」「どうしたんだろう?重力が何倍かになっちゃったのかな?」という感想を持つ症状です。

ogasiwa-maki.hatenablog.com

 

自傷行為というのにはいろいろな種類があります。イメージしやすい刃物で手首を傷つけるようなものもそうですし、皮膚を掻きむしったり、爪を噛んだりすることも、自傷行為に含まれるそうです。ニキビを潰してしまう、小さなカサブタを剥がしてしまう、という程度のことは、精神疾患と診断されたことのない人でもあるのではないでしょうか?

また、OD(オーバードーズ)や、苦しいのに食べ続ける過食なども、広い意味では自傷行為だと考えられます。

 

 

診断書にはその他に、【強迫体験】があります。

強迫性障害といわれるものです。強迫観念(不快・不安・恐怖)と強迫行為(儀式行為)からなって、生活に支障をきたすものです。強迫観念に繰り返し囚われてしまって、それを振り払うための行為をします。また、この不快・不安・恐怖は、実際には抱かなくてよいものだということを自覚しています。

 

潔癖症といわれる不潔恐怖では、例えば、こんな思考と行動になります。

医師の話では、不潔恐怖の人がもっとも共通して強迫観念を抱きやすい対象物は“お金”だそうです。たしかにお金は、いろんな人の手に渡って来たものが多いですよね。そして一般的に価値があるので、少々汚くても持っておきたいです。例え泥水の中に落としてしまった硬貨でも、拾って使います。ということは、お金は自分の手元に来るまでに誰がどんな扱いをした可能性もあるのです。そう考えると、お金を触った手を洗わずにおにぎりやサンドイッチを食べるのに抵抗が出てきます。

強迫性障害とは無縁でも、食事の前に手を洗う習慣がある人は多いと思います。

 

衛生観念は人それぞれで、実害がないとわかっていても気になる部分がある人も居るでしょう。生活していて苦しさを感じなければ、普通に生活ができれば、全く問題はありません。

 

 

強迫性障害の厄介なところは、「強迫観念は合理的でなはく、強迫行為は意味がない」と自分でわかっているところです。わかっているのに不合理な考えで頭がいっぱいになってどうしようもないので、仕方なく無意味な行動を取って自分を納得させるのです。不合理なことに強迫観念を抱く自分、そして無意味な行動を繰り返す自分、更には強迫観念と強迫行為によって生まれる不利益を意識し、恥ずかしくて情けなくて仕方なくなります。

恥ずかしくて情けなくて仕方ないのに、やめられない。このせいで自尊心は傷つきます。「自分は頭がおかしい」「私はキ〇ガイだ」と思って、消えてなくなりたいと思ってしまいます。

 

 

この病気を治す、もしくはそれなりに生活できるようになるために、月に一度は通院して、現在は6種類に減った処方薬を服用しています。

以前は7種類の薬が処方されていたのですが、頭痛が酷い日が減ったので頭痛薬をなくしました。抗うつ薬抗不安薬眠剤・胃薬を服用しています。抗うつ薬は3種類ですが、主治医と相談しながら、そのうちの一種類を以前の半分の量に減らしてみています。