考えの調理場

不登校から教員免許取得。【反復性うつ病性障害&強迫体験】女の、考えの調理場。

“うつ病減らスンジャー”に(無責任に)入隊!

この度、うつ病減らスンジャー🍀(クローバー)を拝命しました。

小柏まき です。

 

うつ病減らスンジャー】なるものは、鳥本明さんが深夜のテンションで戦隊ヒーローをイメージして作ったもので、うつ病の人口を減らしたい・うつ病の人のツラさを減らしたいという企画(?)です。

www.torimotoakira.com

 

初期メンバーを募集していることは以前から知ってはいたのですが、なにかの活動を継続する自信がなかったので「なりたいです!って安易に引き受けるのも無責任ですよね」といって、内心「私には無理だな」と思っていました。

 

 

どうして気が変わったかというと

 

ちなみに、なったからと言って特に責任はありません。

【ご報告】鳥本明はうつ病減らスンジャーになりました!&隊員募集【ブルーもいるよ】 - これ読んで生き 

勝手に名乗っても大丈夫です。出来たら報告くれると嬉しいです! いつ辞めても大丈夫です。

【ご報告】鳥本明はうつ病減らスンジャーになりました!&隊員募集【ブルーもいるよ】 - これ読んで生きろ

 

上記のように、メンバーを名乗っても特に責任が発生する感じではないので、継続した活動ができなくても気負う必要はないのかなと思いました。

さらに、鳥本さん本人を含めて4人が集まったそうで、とりあえず初期メンバー5人をもう一人で達成しそうでした。迷いましたが、いい機会と捉えて志願することにしました。

 

一番大きかったのは、流されるのもいいかなと思ったことでした。

私は元々、友達が多いほうではなく、自閉的な傾向があります。なので自分の手の届く範囲で満足することが多く、知らないことが沢山あります。

誰かに影響されることで、自分からは始めないようなことを始めてみたり、知らない世界を見たりするのが、結構楽しいということは体験的にわかっているのです。

 

反復性うつ病性障害の私が、今回のうつ病を発症したとき、生活の中心や行動や自分の存在価値さえも自分以外のところに捧げてしまっていました。人に振り回されていたと見ることもできるのでしょうが、私自身が決めてしていたことだったので、全ての責任は自分にあったと思っています。

うつ病を治そうと決めてから、ただ生きることを続けるために生きて、ただ病気を治すために行動を選んできました。

うつ病減らスンジャー】を名乗ることが、少しでも自分の心の負担になるようでは、本末転倒です。

ですが、当事者である鳥本さんの言葉を肩肘張らずに受け取ってみると、単純に楽しそうだなと思ったのでした。

 

うつ病減らスンジャーはそれぞれ、名前に絵文字をひとつ付けています。私はメンバーと被らない絵文字ならなんでもいいかなという感じで、きのうの記事の「幸せとは何なのかと」考えさせてくれた“四つ葉のクローバー”にしました。色で担当を分けるとしたら、なに色なのかモヤモヤさせられた“緑色”になることでしょう。なんだか私らしいです。

 

うつ病減らスンジャー🍀として、私にできることはなんだろうと考えてみました。

私はブロガーと名乗れるほどブログ歴も知識もありませんし、Twitterも影響力があるようなアカウントではありません。

やはり、とにかく嘘の無い言葉を記すことしか、今の私にはできそうにありません。

それでいいのかなと思います。ただの自分をそのまま表していくことが、今後の自分のためになるでしょう。それに、この記事を読んでくれている“あなた”が少しでも何かを感じてくれたら、それにこそ意味があると思っています。