考えの調理場

不登校から教員免許取得。【反復性うつ病性障害&強迫性障害】女の、考えの調理場。

愛着形成を木と好環境に例えてみる

経緯と目的

自分の愛着形成について意識するようになったのは、岡田尊司先生の本を読んだときにセルフチェック項目があったのがきっかけだったと記憶しています。当時身近だった人にもチェック項目を質問してみましたが、比べると私のほうが圧倒的に愛着障害の傾向が強くて意外だったのでした。自分は親に大切に育ててもらったと、自分の誕生日とは親に感謝する日だと思っていました。

私は心理学・発達科学を専門としているわけでも、個人的に新しいことを学んでいるわけでもありません。ただ自分の在り方についてより好いことを知って取り入れたいと思っています。記憶は頼りにならず、現在は読書もまともに出来ない状態です。ですのでこの記事は、個人的なイメージを記す備忘録のひとつでしかありません。

 

 

愛着形成のイメージ

自己の本質が木だとして、養育者の “まなざし” がこの木に向け与えられる好環境だとします。

環境は、土壌や気温や日当たりです。

 

 

愛着形成は船と港の関係に例えられることが一般的です。養育者が港で、そこを帰る場所として船は沖へ出ます。大海原でもしも怖い体験をしたときには、いつでも元の港に戻れば安心できます。港は安全基地であるのです。


船と港の関係に例えたときの、港よりも能動的で、自己が成長してもなお影響を与え続けるものとします。

 


木の幹の周りに囲いをして不安定な幹を支えて育てようとする自助機能があるとします。これは自己を守ると同時に周囲の世界から自己を隔絶する役割も持つものです。

自己の本質がうまく育った後に世界と関わりを持っていくには囲いを壊していき、それでもなお木として立っていられるようになる必要があると考えます。

 

f:id:ogasiwa_maki:20221130115556p:image

左の木は、健全に生きている木です。上に伸びている部分が大きく見えますが、見えない地中には地上に出ている面積よりも大きい根っこがあるかも知れません。

一方で右の木は、地面に上手く根を張ることが出来ずに、命を保つことが危うい状態です。自己が立っているのが危ういので倒れてしまわないように、また風に飛ばされるなどの外からの刺激に負けてしまわないように、周囲を何かで囲ってしのいでいます。

 

左右どちらの木の絵でも共通することは、グレーに塗られた部分に力が使われていることです。

左の木は、高く太く成長しながら光を受ける葉を沢山つけて大きくなることにエネルギーが使われています。見えない地中では根も広く大きく蔓延っていて、根を長く深くすることにもエネルギーが使われているでしょうが、この絵ではその姿は省略しています。ですが、根が地面と繋がっていて地中の水分や養分を受け取ることは、木が成長しきっても続きます。また、根の存在は、地上に出ている部分が大きくなっても木が倒れてしまわないように支えています。

右の木の絵では、木の周りに囲いを作ることにエネルギーを使っています。ブロックか何かを積んで囲いを作るイメージです。根を張って、高く大きく成長すること自体ではなく、どうにか事切れないためにエネルギーを使ってしまっています。そして、木自体がしっかり根付いて大きくなろうとするときには、囲いを撤去するのにまたエネルギーが必要になるのです。

 

 

大人になっても、子どもの頃の影響を受け続けて生きづらいと感じる、自己と他者との距離や関係や自己についての認識の持ち方に影響を与え続ける。人が成長する過程には、そういった要素がある気がしました。

感じることと考えることの関係

記憶が頼りにならなくて何度も同じことを繰り返しているかもしれない 小柏まき です。言い換えれば、何度も繰り返してることは必然的に行く場所なので繰り返してもいいとも思います。記憶のどこが欠けていようが、自分の納得するようにしかできないからです。

 

 

近頃、自分にとっては大きなこと(他者から見れば小さなこと)に直面するたびに、うわっと泣き出したり、胸が一杯になって動けなくなって唸っていたり、強い感情に飲み込まれていながらその感情が何なのか言い表す言葉を見つけるまでに時間がかかることが多いです。

 

考えること感じることでは、考えることの方が高尚なのだと未熟だった頃には思っていました。

そんな認識が本当は違うのかもと思わせてくれたのは、ある授業中の先生の言葉でした。その先生はわかりやすい学歴の人で、きっと人生の多くの時間を己のコントロールをして学習したり学問したりしてきたはずでした。その先生が、ある人を見て言っていたのが、「彼のいいところは、ちゃんと感じてるところ。」という言葉でした。

私は「ちゃんと感じてる」ということの意味があまりわかりませんでした。わからないと思った理由は、私にはその “彼” がチャランポランに見えたことが大きかったです。私にはその場のノリで笑って見せて求められていそうなことを言う、そういう人に見えました。興味を持って見てみたものの期待にそぐわずチャランポランだった、しかし状況的に感想を述べるべき場面だった、だから先生は授業を取り仕切る立場で「受け取りました」という意味で言った言葉なのかなと一先ず受け取りました。

それがしっくり来ていなかったのでしょう、何日経っても何週間経ってもふとした時に引き出して見返すようなことをしていました。そのうちに、感じることを補うために考えることをしているのではないかと思いうようになりました。

 

授業での先生の発言は、先生の率直な感想で、先生から見た彼の特筆すべきところが「ちゃんと感じてるところ」だったのではないでしょうか。先生は “ちゃんと感じられていない” ということについて思うところがあったのではないでしょうか。

 

 

ここしばらく何だかわからない感情に飲み込まれていたのが少し落ち着いてきて振り返ってみると、結構ありきたりな言葉で表せる感情だったと、なんだ意外と自分は単純じゃないかと思います。

こういうときに、[感じることと考えることの関係]について何年も前から自分の中にあるポイントをもう一度見直しておきたいと、今回はここに記しました。

描いた絵14[緑のあるところ]

昨年描いた透明水彩画です。クサカベさんの無料サンプル紙に描いた2作目です。

f:id:ogasiwa_maki:20220616191736j:image

緑のあるところ

2021年6月2日

 

絵の具はウィンザーニュートンのコットマン12色セット+セピア単色。

このサンプル紙ファブリアーノ5は、使ってるホワイトワトソンと同じコットン50%紙。こっちの方が発色がいいような感じがしました。青系のステイン具合含め、コットン感が強い気がします。紙の漉き目が独特ですが嫌いじゃありません。

f:id:ogasiwa_maki:20220624105850j:image

陽射しがある日に行った緑のあるところを描きました。

 

描いた絵13[もち様]

YouTubeもちまる日記 をよく観ていた昨年5月に描きました。

f:id:ogasiwa_maki:20220608193806j:image

もち様

2021年5月28日

 

紙はホワイトワトソン F2。絵の具はウィンザーニュートンのコットマン12色セット+セピア単色。

 

透明水彩なので白いところは塗り残すことで紙の色を活かしています。

白・黒・グレーなどの色を使わずに混色で色を作りました。

絵の具を塗って乾いたところに重ね塗りしようと触ったときに下の色が動きやすいのは、吸い込みの少ないホワイトワトソン紙の特徴でもありました。そんなことを実践しつつ感じました。

 

動画で桶に入ってキョロキョロしてるワンシーンが可愛くて描きました。

描いた絵12[金魚]

昨年の今頃は、クサカベがファブリアーノ社の水彩紙サンプルを無料配布していました。

f:id:ogasiwa_maki:20220602103558j:image

金魚

2021年5月23日

 

使用した画材は、ファブリアーノ ウォーターカラー、コットマン固形水彩絵の具12色セット+セピア単色。

 

ファブリアーノ水彩紙 ウォーターカラーのサンプルの使い心地は、画用紙に描いている感覚になったけれど意外と強くて発色がいい気がしました。リフティングも融通が効きました。しかし滲みを求めるのならもう少しコットン比が多い方がいいかも知れません。

 

フリー素材の金魚の写真を見ながら描きました。

あれこれ試しながら色々と描いてみるのが楽しくて、この時期はハイペースで絵を描いていました。

描いた絵11[紫陽花と桜に似た花]

約1年前に描いた透明水彩画です。

f:id:ogasiwa_maki:20220530150949j:image

左:紫陽花,右:桜に似た花

2022年5月19日

 

使用した画材は、ホワイトワトソン ブロック紙F2、コットマン固形水彩絵の具12色セット+セピア単色。

 

同じF2の表記でも紙の大きさは違うもので、今まで使っていた紙より大分大きく感じていたので画面を分割して使ってみました。ある程度気楽にいろんな色を試してみたいという動機でした。

このホワイトワトソンの方がウォーターフォードよりもふんわり描けるような気がします。

 

近場で見られる植物を描きました。

植物に疎くて、右の花が桜なのか桜に似た別のものなのかわかりません。ピンクが濃いめの花でした。

描いた絵10[橋のある風景]

初めてホワイトワトソン紙を使って描いた絵です。

この頃、新しい紙を買って初めて使ってみました。紙の違いで発色が違ったり表面の強度や凹凸の感じが違ったりするものなのだということを、体験していった時期でした。

 

f:id:ogasiwa_maki:20220529005902j:image

橋のある風景

2021年5月1日

 

使用した画材は、ホワイトワトソン ブロック紙F2、コットマン固形水彩絵の具12色セット+セピア単色。

 

これまでコットン100%のウォーターフォードを使ってきましたが、コットン50%のホワイトワトソンを使ってみました。

吸い込み加減が違うためか勝手がわからず、全体に淡くなった印象です。

 

数年前に祖母の誕生日パーティーをした建物から見える景色を描きました。